本文へ移動

2012年バックナンバー

宇宙船地球号

「宇宙船地球号」(Spaceship Earth)という言葉があります。

 「宇宙船地球号」とは、地球上の資源が有限であり、国どおしでいがみ合い、利己主義的な行為にはしるのではなく、各国が、資源の適切な利用をしなければならないこと、また、汚染物質の拡散に国境はなく、各国は、汚染物質を出さないように勤めるべきであるという文脈で使用されます。

 石油などの化石燃料は「有限」とかんがえられています。

 ただ、先進国が、新興国に、資源を「無駄」遣いするなとかいうのも利己主義的ですね。
 なお、発展途上国は、資源を買いたくても買えませんから、いつまでたっても「はい上がれ」ません。

 汚染物質にしてもそうですね。
先進国が、新興国に、汚染物資をおさえろとぃつたところで、先進国は、今まで、さんざん汚染物質を排出してきたのですから。

 「宇宙船地球号」なら、我慢はできるのですが、日本は「風上」に中国があります。
 中国の都市に行くと、青空が「ない」に等しいですね。いつも、曇っているように見えます。
 日本も、最近でこそ「まし」になりましたが、私が、修学旅行などで地方に行ったとき「こんなに空には星があるのか」と思ったくらいですから、かなり大気汚染はあったんでしょう。
 相当汚染物質は、中国から来ていると思います。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る