本文へ移動

2014年バックナンバー

韓国の米軍向け慰安婦

 

 「韓国政府が作り上げた米軍向け慰安婦制度、元慰安婦が国を告訴―英メディア」

------引用ここから-----

2014年11月28日、中国日報網は記事「韓国政府はかつて米軍向けの性サービス提供を奨励していた=従事者100人超が賠償求め告訴」を掲載した。

 英BBC放送は韓国の米軍慰安婦訴訟について報じた。韓国ではかつて在韓米軍基地周辺に基地村と呼ばれる売春街が存在した。売春は法律で禁じられていたが韓国政府は黙認、それどころか性病管理所で定期的な検査を実施するなど実質的な管理に携わっていたという。

 今年6月、基地村での売春従事者122人が「国が米軍相手の慰安婦制度を作った」と政府を告訴。1人あたり1000万ウォン(約107万円)の賠償を求めている。「国が強制したわけではないとはいえ、国が売春制度を作った」と責任を問うている。

------引用ここまで-----

 この訴訟のことでしょうか。
 このエントリーは、平成26年6月26日になっています。
 元記事は朝日新聞です。BBCや中国日報網の報道は遅いですね。

「元慰安婦による国家賠償請求の集団訴訟提起」

 なお、日本のいわゆる「従軍慰安婦」問題については、強制連行性が否定されていますから、残るは、国家による慰安所管理のみです。
 韓国が、自ら、日本より後に、国家による慰安所管理をしていたことから、韓国に日本を非難する資格はないことになります。

西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る