本文へ移動

雑記帳

雑記帳

立憲民主党「Choose Life Project」への資金提供

 立憲民主党がした「Choose Life Project」1500万円の資金提供が問題になっています。
 「Choose Life Project」は、左派系のネットニュースだそうです。
 私は知りませんでした。
 「自由で公正な社会のために - 公共のメディアを」
 「Choose Life Project」は、テレビの報道番組や映画、ドキュメンタリーを制作している有志で始めたプロジェクトです。理念を共有するデザイナー、また著名な方々などの協力を得て、国政選挙などに合わせた「投票呼びかけ動画」を配信することから始め、現在は、その時々のニュースに関する生討論番組、国会解説動画、裁判に関する記録、オンラインシンポジウムなど、多くの方のお力を得ながらお届けしています」といううたい文句です。

 ネットニュースといえば「Yahoo!ニュース」「スマートニュース」「グノシー」などがありますね。
 これらのネットニュースでは、ニュースに混じって広告を記載するときは「記事広告」「PR」などと明示しています。

 「Yahoo!ニュース」「スマートニュース」「グノシー」などが、特定の政党から金銭的援助を受領していたら、皆さんはどう思われますか。
「記事広告」「PR」などと明示せず、特定政党に有利な「記事」を記載していたらどうでしょう。

 テレビであれ、ラジオであれ、ネットニュースであれ、あらゆるメディアがニュースを取材して伝えるにはどうしてもお金がかかります。
 しかし、特定政党から1000万円もの資金を受取り、いわゆる「ニュース」を「記事広告」「PR」と明記せずに流したらどうでしょう。

 もっとも、「Choose Life Project」の記事をみれば、特定の思想、特定の政党に偏っていることは誰がみても明らかです。
 こんなサイトを見ようという人は、あまりないでしょう。

 しかし「Choose Life Project」は政治をよく扱い、立憲民主党も含む議員たちをよく出演させていたわけであるから、「立憲民主党から密かに資金を得ていた」のは決して許されないというべきでしょう。

 立憲民主党の姿勢は強く糾弾されるべきでしょう。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る