本文へ移動

雑記帳

雑記帳

オーストリアの首都「ウィーン」は日本だけの呼び方

 オーストリアの首都で、音楽の都といえば「ウィーン」ですね。

 この「ウィーン」という呼び方は、日本語だけです。

 オーストリアはドイツ語が公用語です。
 本来の名前は「Wien」で、ドイツ語では「ヴィーン」と発音されます。
 ちなみに、英語では「Viena」で、「ヴィエナ」と発音されます。

 日本語の「ウィーン」は、ドイツ語の「Wien」を、ローマ字式に読んだものです。

 ちなみに、「ウインナーソーセージ」は、ドイツ語では「Wienerwurst」(ヴィーナーヴルスト)と発音されます。

 その昔「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」という映画がありました。

 寅さんが、「湯布院」と間違えて、ウィーンに行くという話です。
 マドンナは、ウィーンで添乗員をしている竹下景子でした。

 寅さんと同行のサラリーマンは、KLM利用で、アムステルダム乗り継ぎでウィーンに行くのですが、寅さんが恰幅のいいCAさんに、「ウィーン?」というと、KLMのCAさんが「Yes.This plane goes to Vienna.」(この飛行機はウィーン行きます)と答えるのですが、「ヴィエナ」ではなく、わざと「ウィーン」と発音していたことを思い出します。

西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る