本文へ移動

雑記帳

雑記帳

政府専用機

 政府は、総理等の要人の外国訪問や国際会議出席などのために2機の政府専用機を保有しています。緊急時における在外邦人等の輸送や国際緊急援助活動、国際平和協力活動などの際にも利用されることになっています。

 平成31年4月より「ボーイング777-300ER」2機で運用しています。

 運用としては、1機が要人を乗せて飛ぶ際はもう1機が時間をおいて追いかけ、トラブルに備えます。

 もっとも、常に、2機ペアということはありません。
 1機が皇族、もう1機が政府高官という運用もありました。

 政府専用機は、航空自衛隊が運用しています。機長、副操縦士、CAなど、すべて航空自衛隊隊員です。

従前は、政府専用機を担当する航空会社がJAL(日本航空)でした。
 新しい政府専用機はANA(全日空)に変わります。

 といっても、見た目は、航空会社がJALのようですね。
 JALのシンボルカラーが赤、ANAのシンボルカラーが青ですが、政府専用機ですから、赤が基調になるのは仕方がないですね。

 ただ、政府専用機を担当する航空会社が、日本航空から全日空にかわったということは、既に、フラッグ・キャリア(国を代表する航空会社)が、実質的に、日本航空から全日空にかわっていることを意味します。

 日本の皇族や首相が新しい政府専用機に搭乗するときのタラップは、「JAL」ではなく「ANA」になります。
 外国の要人がタラップから降りてくる際のタラップも、「JAL」ではなく「ANA」になるでしょう。

 もっとも、フラッグ・キャリアは、必ずしも、どこの国にもあるというわけではありません。

 アメリカは、パンアメリカン航空が、フラッグ・キャリアとされていましたが、同社の破綻により、空白となっています。


西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る