本文へ移動

雑記帳

雑記帳

ワクチン接種2回後の感染、未接種者の13分の1

 厚生労働省は、令和3年9月8日、令和3年9月1~3日の新型コロナウイルスの新規感染者をワクチンの接種歴別に分析したところ、未接種者だと10万人当たり59.9人が感染していたのに対し、2回接種した人は同4.5人にとどまり、未接種者の約13分の1に抑えられていたことを公表しました。

 厚労省に対策を助言する専門家組織の会合で資料によりますと、令和3年9月1~3日の3日間で確認された新規感染者は4万2125人でした。

 このうちワクチンを接種していなかったのは3万3360人で、1回目の接種を終えていた人は2841人、2回接種を完了していた人は2568人確認できました。
 一方、令和3年3日時点のワクチンの未接種者は約5572万人で、約1385万人が1回目を終えた状態で、約5756万人は2回接種を完了していました。

 接種歴別で10万人当たりの新規感染者をみると、未接種が59.9人、1回接種が20.5人、2回接種は4.5人でした。

 未接種の場合と比べ、1回接種者は約3分の1、2回接種では約13分の1にとどまり、ワクチン接種の効果が明確に示される形となりました。

 ワクチン接種が進んだ65歳以上の高齢者の場合、未接種33.3人、1回接種15.0人、2回接種3.0人で、65歳未満では未接種61.6人、1回接種20.8人、2回接種6.2人でした。


西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る