本文へ移動

雑記帳

雑記帳

東アジアの通貨



 東アジアの通貨の名称は違うように見えます。
 日本=円
 中国=元
 台湾=ニュー台湾ドル
 韓国=ウォン
 香港=香港ドル
 マカオ=パタカ
 すべて、元々は「圓」です。

 日本は新字体を日本の簡字体になおしたものです。

 香港と台湾とマカオは、お札に「圓」と記載されています。
 香港と台湾とマカオは、香港ドル、ニュー台湾ドルと呼ばれますが、漢字表記は「圓」です。

 中国では、単位は普通「元」とされていますが、本来は「圆」です(圆=圓=円)で、教科書や紙幣上には「圆」と表記されています。中国語で「元・圓」がともに「yuan」で同音であるために、「圓」の略字として「元」が使われるようになったそうです。

 韓国では、一時期、圓として使われていました。
 その後一時的に「圜(ファン: 圓」という通貨単位が使われました。
 このファンをいうのは「お金」を意味する言葉です。
 その後再度「ウォン」に戻し、その際に漢字表記はなくしてウォン(?)となったという経緯です。

 何のことはない、もともと「圓」なのですね。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る