本文へ移動

雑記帳

雑記帳

出国税

 平成31年1月7日から、国際観光旅客税(出国税)の徴収が始まります。
 
 海外へ出国する人から1人あたり1000円徴収するもので、外国人だけではなく、日本人も対象になります。
 
 航空代金の上乗せという形で徴収されます。
 韓国などの船での出国も同様です。
 
 国税庁や全日空・日本航空など航空各社によりますと、平成31年1月7日以降に発券し、かつ、同日以降に搭乗分が対象で、航空券発券時に運賃などとともに徴収されます。
 現時点で発券済みの航空券からは徴収されません。
 
 一方、国際線から国際線へ乗り継ぐ際、同一航空券で24時間以内に出発する乗客(トランジット)は適用外となります。
 
 出国税は、めずらしいものではありません。
オーストラリア   約45ドル
イギリス      約16ドルから240ドル
          距離と飛行機のクラスによって金額が異なる
タイ        約22ドル
カンボジア     約25ドル
韓国        約10ドル
 
 政府は、平成30年12月15日、平成31年1月から出国者を対象に徴収する国際観光旅客税の平成31年度の使途を固めましたた。
 
 税収は約500億円を見込んでいます。
 
 出入国時の円滑な環境整備に約70億円を充て、日本人用顔認証ゲートを大幅に増やし、あわせて外国人の出国手続きにも活用したり、指紋識別技術システムについて世界水準の技術を導入したりします。
 
 また、通信環境も整備するなど予算を集中的に配分して、観光立国に向けた課題の解決を目指します。
 
 使途は、以下のとおりです。
 (1)出入国の手続きの高度化(135億円)
 (2)受入れ体制整備と情報発信の強化(139億円)
 (3)地域資源を活用した観光コンテンツの拡充(224億円)
 
 地方への観光客誘致を促進するため55億円を投じるとともに、多言語表記や無料の公衆無線LAN「Wi-Fi」の整備、トイレの洋式化、キャッシュレス対応の計4項目をセットで進める事業者(大手除く)を対象に費用の半額を補助します。
 
 ダムといった公共施設をツアー化するなど観光資源の発掘に13億円、国立公園や重要文化財での多言語解説に10億円をそれぞれ計上します。
 
 皇室ゆかりの美術品などを所蔵する皇居・東御苑の三の丸尚蔵館の施設整備に15億円を充てます。
 
 政府は観光立国を経済成長と地方創生の起爆剤と位置づけ、2020(平成32)年に訪日外国人旅行者数を4000万人に増やす目標を掲げています。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る