本文へ移動

2012年バックナンバー

関西空港のLCC用ターミナル

関西国際空港は、平成24年10月28日、格安航空会社(LCC)専用となる第2ターミナルビルの運用を開始しました。
 従来のメインターミナル(第1ターミナル)とは無料の連絡バス(所要約7分)で結ばれることになります。
 荷物の受取りや税関もあります。

 搭乗橋(ボーディングブリッジ)はなく、乗客は駐機場まで徒歩で移動します。
 バスで行く必要のないところに駐機するのでしょう。

 通常の空港ターミナルなら、ボーディングブリッジを使って、ターミナルから飛行機に直接行けます。
 ただ、飛行機が、ターミナルに頭からつっこむ格好で駐機すると、飛行機は前進のみでバックできませんから、機体のけん引車で引っ張る必要があります。コストがかかりますね。

 雨さえ降っていなければ、あまり問題がありませんが、雨が降っているときに、飛行機が「沖止め」(ボーディングブリッジに接続されていない状態)になっていると、傘(航空会社が貸してくれます)をさして搭乗しなければなりませんから、大変です。
 LCC専用の第2ターミナルビル開業日は大雨でした。ニュースで放映されていましたから、LCC専用の第2ターミナルビルを使うことの不便さがわかって「よかった」のではないでしょうか。

 関西空港の第2ターミナルビルは、鉄骨平屋一部2階建てで、延べ床面積約3万平方メートルです。
 エレベーターやエスカレーターの設備が不要になります。
 また、簡素化して建造コストを抑えています。
 第2ターミナルビルの総工費は約85億円で、建物は約37億円といってもピンと来ないかも知れませんが、同じ規模の建物を建てようとすると、数百億円かかるそうです。

 もっとも、テナントとして免税店や飲食店など17店舗が入居し、一部のコンビニやコーヒーショップは24時間営業しますから、ヒマをもてあますということはなさそうです。

 私は、エアアジアの利用で、クアラルンプールのLCCターミナルを利用したことがありますが、クアラルンプール国際空港(KLIA)からバスで20分ほど、ものの見事に「何もない」ターミナルでした。


 関西空港の施設利用料(出発のみ)は2650円です。
 「第1」となった従前のターミナルの施設利用料は2650円のままで、「第2ターミナル」の国際線が1500円ですから「格安」です。
 なお、国内線は、「第1」となった従前のターミナルは「0円」ですが、「第2ターミナル」は出発400円、到着350円とられます。その分、運賃が安くなっています。


 何かの機会があれば、一度、利用してみたいですね。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る