本文へ移動

2012年バックナンバー

ノイジー・マイノリティ

 「ノイジー・マイノリティ」(noisy minority)という言葉をご存知でしょうか。

 「声高な少数派」ですが、通常は「悪い」意味で用いられます。
 「うるさい」・「騒々しい」といった旨が語源ですから、その主張に、理論的裏付けが乏しく「声の大きさ」に任せて騒ぐだけの少数者ということですね。

 組織では、「ノイジーマイノリティー(noisy minority)」の意見がはびこり、大多数の「サイレント・マジョリティ(silent majority)の」の意見が反映されないということが往々にしてあるといわれています。


 法曹界の典型的な例としては「日本弁護士連合会会長声明」でしょう。

 批判する方は「ほとんど」「左翼の」「アジビラ」とまでいう人がいます。

 「左翼の」「アジビラ」というのはいいすぎでしょうが、「日本弁護士連合会会長声明」を起案している人は、多数の「穏当な弁護士ではありません。
 弁護士は、政治思想という点では、一般の方と同じでしょう。

 弁護士は、基本的に「極左」から「極右」まで思想が別れているのですが(どんな思想の訴訟にも弁護士が代理人となっています)、大抵は、自分の事務所経営に忙殺されていています。
 ただ、従前は、経済的に恵まれている弁護士が多かったので、「保守的」な傾向となります。

 弁護士は、弁護士会の会務などもするのですが、「会長」「副会長」などの役職をすることには消極的です。もっとも、会員100人~150人程度の小規模単位会では、「会長」「副会長」は、半ば「義務」となっています。

 東京3会(東京弁護士会・第1東京弁護士会・第2東京弁護士会)や大阪弁護士会では、副会長になれば、弁護士としての職務が行えないほど忙しく、会務に熱心で「奇特」な弁護士さんしかしようとしません。
 近年、ますます、その傾向が強まってきました。

 日本弁護士連合会の会長は、そう簡単になれません。
 会長ともなれば、功なり名を遂げた弁護士さんで、「保守」「中道」「左翼」の弁護士さんがいます。
 ただ、事務局は「左翼」の人が握っていることが多いようです。
 通常の弁護士は「サイレント・マジョリティ」ですが、政治的活動の好きな弁護士さんが、事務局や人権委員会に入りたがり、「ノイジー・マイノリティ」となり、左翼思想の「日本弁護士連合会会長声明」がでます。

 大抵の弁護士は、何も知りません。最初から「日本弁護士連合会会長声明」など読んでもいないでしょう。

 くれぐれも「日本弁護士連合会会長声明」が、弁護士一般の考えて思わない方が賢明です。


 なお、弁護士会以外でも、「ノイジー・マイノリティ」(noisy minority)が問題となることがあります。
 東日本大震災の、「岩手・宮城」の「がれき」「受入れ」の問題ですが、たとえ、市長や市民が賛成でも、「ノイジー・マイノリティ」が大騒ぎするので、がれき処理が進みません。
 真偽は知りませんが、ちなみに、当該住民でもないのに、他に「出張」して反対するという人がいるようです。
 テレビ番組で「狂信的」とまで批判されていました。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る