本文へ移動

雑記帳

雑記帳

円安対策として金利を上げるのは正しいのか

 以下、前回のコラムです。

 円安のメリットとデメリットはどちらが大きいのでしょうか。
 もちろん、立場によって異なります。
 輸出産業は大もうけでしょうが、輸入産業には逆風でしょう。

 結論を出すことは難しいですね。
 効果が発現する時期に関して肯定派と否定派の議論がかみ合っていません。
 やってみないとわかりません。

 まずは効果が発生する時期はどうでしょう。

 短期スパンをみると、短期的な円安のマイナス面については、コストプッシュ型のインフレ高進(実質賃金の低下)による家計の負担増により、個人消費にネガティブな影響を与えるのはほぼ自明です。
 ややスパンを伸ばして考えると、個人消費の悪化という犠牲よりも、輸出の増加や企業の設備投資の増加という期待が高まってきます。
 徐々に輸出が増えて貿易収支が改善するという「Jカーブ効果」への期待も根強いといわれています。

 さらにスパンを伸ばして考えると(中期スパン)、円安で国内の投資コストが減少し、企業の国内回帰が進むことで設備投資が増え、円安の恩恵がじわじわと生じるという効果が期待できとするもので、肯定する意見もあれば、否定する意見もあります。

 長期スパンになってくると、円安によって輸出が押し上げられる場合、価格競争が重視されてしまって、企業が商品やサービスの付加価値を高める努力を怠るようになるという意見もあれば、円安によって価格競争で有利な環境を作ったうえで、研究開発の努力も怠らなければ、円安は決してデメリットにはならないという意見もあります。

 問題は、日本で生産拠点を作るコストが円安で小さくなっても本当に国内投資は増加するかどうかです。

 「国内投資の促進」には2つの視点があります。
 1つ目は外資系企業が日本に生産拠点を作るといった対内直接投資で、2つ目は、日本企業の国内回帰です。

 例えば、通貨安や物価安のメリットを対内投資の増加によって享受するのは、新興国でみられる典型的な成長パターンです。「安い日本」というテーマは日本の新興国化という面もはらんでいる。
 しかし、多くの新興国においてこのパターンがうまくいく背景には、人口動態が「若い」という要因があります。海外の技術を学んで生かす人が国内で増えていくことで、内需も活性化されます。

 そう考えると、「人口減少する新興国」と言えそうな日本では、対内投資のメリットはそれほど大きくないのかもしれません。それどころか、投資をしてもそれを支えてくれる人材がいないとなれば、そもそも投資を手控える動きにもつながるでしょう。

 海外資本の日本への投資ということも期待したいですが、日本企業の日本への投資(日本への回帰)に、より期待したいですね。

 いずれにせよ、「悪い円安」なのか「よい円安」なのかは、しばらく経過してみないとわからないのかもしれません。

---

 以下、円安を回避するため、政策金利を上げればよいのかについて、考えを述べます。

 一般的に、金利と株価はシーソーのような関係にあるといわれています。 金利が下がると株価は上がり、金利が上がると株価は下がる傾向があります。

1 国債金利が上昇すると、債券の時価が低下し、銀行は評価損を抱えることとなる。
2 貸出金利が上がれば、既に借りている企業や個人の負担が増え、既に借りている企業や個人がお金を借りなくなり、景気が悪くなる。
3 長期的には、住宅ローンが上がると、既に変動制で借りている人は返済額が増えますし、新規に家を買おうとする人が少なくなる。

 債券の時価が低くなると、含み損が出ますが、満期まで持てば、含み損は解消されてしまいます。地方銀行に危ないところが出るかも知れません。
 日本銀行の保有する国債も、含み損が出ますが、満期まで持つことは十分可能であり、含み損は解消されます。また、金利が上がっても、日本銀行が、発行済み国債の約半分持っていますし、財政に与える影響は限られるでしょう。
 貸出金利が上がれば、企業の投資が萎縮しますし、個人、特に住宅ローンを借りている人が節約をする(支出を抑制する)ことにより、景気が悪くなります。
 株式にも不動産にもマイナスの影響を与えます。

 円安に輸入物価が上がり、物価が上がって生活が苦しくなるといっている人は、金利が上がることにより、不景気となって、自分たちの生活をより苦しくするということを考えていないのではないかと思います。

 アメリカの政策金利は、あまり下がりようがありませんし、円高に持って行くには、政策金利を上げるというのは、とんだ、やぶ蛇になるかと思います。

 他人の芝生は青くみえるといいます。
 欧米は、とんでもないインフレ、特に家賃と光熱費のインフレで苦しんでいます。
 現在、景気がよくて「うはうは」という国はないといっていいでしょう。
 日本は、企業が、輸入物価の高騰を吸収してくれていますから、インフレはしれています。

 確かに今円安で海外への旅行や留学は割高感が出ていますし、輸入に頼っているものに関しては価格が上がっています。
 逆に、これまで価格競争力で一方的に負けていた様々な商品が割安感から海外で売れたり、また、身近なところで言えば牛肉や豚肉などスーパーで国産と外国産の価格が変わらなくなってきています。同じ値段なら大半の方は国産を選ぶと思いますし、そうなれば国内の牧畜家にとってはプラスでしょう。
 この先も輸入品の価格高騰や割高が続くようであれば耕作放棄地での飼料用作物の生産や品質に拘らなければ余っている国産米を飼料に回すなど、様々な形で対応するでしょう。円安=悪と安直には考えないほうがいいと思います。

 日本は、諸外国と比べて、治安は良好ですしし、夜でも外出でき、公共交通機関は定時運行しています。蛇口をひねれば、清潔なお水が流れてきます。優秀な労働力もあります。
 観光資源にも恵まれ、食事も美味しいから、世界中から観光客が来日します。通貨が安くても観光客が来ない国はいくらでもあります。

 日本の物価が安いのは円安だからだ!金利を上げろ!という主張は、誤りのように思います。
 金利を上げると、今までの生活が、悪化してしまう恐れがあります。

 なお、そんなに、外国がうらやましいなら、海外に移住すればよいのです。
 憲法22条には「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」「何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない」と定められています。
 日本がそんなに嫌で、そんなに外国がいいなら、外国に移住して国籍を取得すればよいでしょう。
 私も、若いころなら選択肢に入ったのでしょうが、病気治療の関係で(私は、生まれてから病気や怪我で入院したことはありませんが、今となれば、いつ、どうなっても不思議ではありません)、日本に住み続けます。
TOPへ戻る