本文へ移動

雑記帳

雑記帳

航空会社の2レターコード



 飛行機に乗るとき、便名に、例えば、日本航空なら「JL」、全日空なら「NH」と2桁の英数字がつけられています。「2レターコード」といいます。

 「レター」は「文字」です。「手紙」ではありません。念のため。

 例えば、スターアライアンス系なら、NHは全日空、LHはルフトハンザドイツ航空、UAはユナイテッド航空、LXはスイスインターナショナルエアラインズ、ACはエアカナダ、NZはニュージーランド航空、OSはオーストリア航空、OZはアシアナ航空、SQはシンガポール航空、TGはタイ国際航空です。

 ワンワールド系なら、JLは日本航空、AAはアメリカン航空、BAはブリティッシュエアウェイズ、CXはキャセイパシフィック航空、QFはカンタスオーストラリア航空。

 スカイチーム系なら、AFはエールフランス、AZはアリタリア航空、KEは大韓航空、KLはオランダ航空、NWはノースウエスト航空、SUはアエロフロートロシア航空です。

 独立系なら、EKはエミレーツ航空などです。

 これを見れば一目瞭然ですが、伝統のある航空会社は、英語(ドイツ語・フランス語も希にあります)の略語そのままがついています。

 ちなみに、日本航空が「JL」はわかるとして、全日空が「NH」とかついていないと思われる方もおられるかも知れませんが、全日空の前身は「日本ヘリコプター社(Nihon Helicopter)」ですから、そのまま「NH」とついています。

 「AN」というレターコードを持ったアンセット・オーストラリア航空会社という会社がかつてありましたが、倒産して今はありません。別の会社が「再利用」することは問題ありませんが、縁起がよくないかも知れません。

 かわったところでは、アエロフロートロシア航空の「SU」は、ソビエト・ユニオンを引き継いでいます。

 先に、他社に先を越された大韓航空は、「KL」がつかえず(KLはKLMオランダ航空が使っていました)、「KE」にしたということになります。

 この手の航空会社、結構ありますね。

 なお、スイスインターナショナルエアラインズが「LX」を使っていますが、負債の多かった本来のスイス航空「SR」を計画倒産させ、負債は知らぬふり、子会社の「LX」(クロスエアー)に、いいところだけを承継させました。

 多くの新興航空会社、例えば1988年設立と33年しかたっていないアシアナ航空などは「OZ」と、航空会社の英語名と関係のない、あいている英文字が機械的に割り振られています。ちなもに、アシアナ航空は倒産ですね。

 なお、2レターですから、26×26=676以上の航空会社に対応できません。

 足りなくなったのか、今は、数字との組合わせの2レターコードも使用されていますが、「0」「1」のついた会社はありません。O(オー)とI(アイ)土紛らわしいですから。

 ちなみに、 日本エアコミューターは「3X」、スカイネットアジア航空 は「7G」、 スターフライヤー雲南航空は「3Q」、シベリア航空は「S7」です。

 LCCのピーチ航空が「MM」という2レターコードをもっています。
 「モモ」のMMですね。いい2レターコードが残っていました。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る