本文へ移動

雑記帳

雑記帳

王族と皇族の姓

 イギリス王室には日本の皇族と同様、ファミリーネーム(日本人の「姓」に該当)が存在ません。
 現在のイギリス王室はウィンザー家と称していますが、これは家名で、日本の皇族が用いる宮号や称号に近く、一般的なイギリス人のファミリーネームとは異質です。

 ちなみに、イギリスのウィンザー家(旧名・ハノーヴァー・サクス・コバーグ・ゴータ家)は、名前からしてもわかるように、どう考えてもドイツ系ですが(エリザベス女王などは、ドイツ女性の典型のように見えます)、対戦の時に、敵国ドイツ系の家名は都合が悪いということで、現在の名前になりました。

 日本の皇室は、現在の日本国につながる国家が始まって以来、ずっと続いているため、天皇や皇族は氏姓および名字を持ちません。
 宮家の当主が有する「○○宮」の称号は、宮家の当主個人の称号(宮号)とされており、姓には当たりません。

 古代日本においては、氏姓、すなわち姓(かばね)名(うじ)は、天皇が臣下へ賜与するものと位置づけられていて、天皇は、氏姓を与える超越的な地位にあり、天皇に氏姓を与える上位の存在がなかったため、天皇は氏姓を持たなかったとされています。
 ちなみに、姓(かばね)名(うじ)は、現在の姓と名とは異なります。

 日本の皇室に姓がないというのは、東アジアで珍しいことだそうです。
 中国の皇帝、兆欄半島やベトナムの王は、姓をもっていました。

 ちなみに、先進国では、オランダ、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ノルウェー、ベルギーなども王国です。
 ルクセンブルグは大公国、モナコ、リヒテンシュタインは公国です。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る