旅・交通 バックナンバー2/2

窓のないホテルの部屋

ホテルに窓がついていないという部屋があります。

 あまり、お目にかかったことがないのですが、台北の圓山大飯店など、内側窓なし部屋なら、結構安く泊まれます。

 「ホテル」「窓なし」で検索すると、結構あるんですね。

「名古屋錦ワシントンホテルプラザ」「ナンバプラザホテル」「神戸プラザホテル」など、「窓なし」「格安」で集客しています。

 もっとも、火事なんかがあった場合、窓なし部屋はどうするんでしょうか。
 窓あり部屋に移動して避難とか・・
 もっとも、高層階なら、窓から飛び降りるわけにはいきませんよね。

 それと、部屋の電灯が壊れたりすると、どうするんでしょうか。
 また、時計を見ないと、昼と夜の見分けがつきませんよね。


 ちなみに、マンションの広告の平面図を見てみると、寝室のはずなのに「納戸」と書いているのがありますね。
 これは居室としては窓の採光面積が不足しているので、「寝室ではなくて納戸です」としかいえないからです。
 窓は、確かにあります。しかし、建物の他の部分との関係、敷地の境界線との関係で、窓の有効面積が不足していると判定されると、寝室としては採光不足として「居室」とみるわけにいかず、「寝室」ではなく「納戸」になってしまいます
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分