本文へ移動

2015年~2017年バックナンバー

私のホームページにメールアドレスがない理由

 通常、ホームページには、「info@xxxxx.com」というような、ホームページ管理者にメールを送るボタンが付いていることが多いです。

 

 例外的に、ホームページ管理者にメールを送ろうにも、メールアドレスがどこにもないホームページがあります。

 

 通常、ホームページは、広報・顧客誘引のために作成されるものが多いのですが、広報が目的なら「お客様窓口」を通常つくります。「単なるクレーマー」もいるのですが、貴重な意見を聞くこともできます。
  顧客誘引が目的なら、メールを送付できないというのは全く不利です。


 弁護士さんのホームページには、「info@xxxxx.com」メールアドレスの記載されているものがほとんどのように思われます。

 

 あるいは「メールによる相談フォーム」というボタンが付いていて、定型事項を書き込んで送信できるようになっているホームページも多いです。


  私のホームページは、どのページを見ても、必ず「西野法律事務所」「電話番号」が記載されるようつくってあります。どのページを見ながらでも電話をかけられます。

 

 メールアドレスを書いていない理由は、いくら「法律相談は書き込まないでください」という注意書きをしておいても、法律相談を書いてくる人がいるからです。

 

  ちなみに、私は、図書情報処理委員長として、大阪弁護士会のホームページの立上げのメンバーにくわりましたが、やはり「法律相談は書き込まないでください」という注意書きをしておいても、法律相談を書いてくる人が後を絶ちませんでした。

 

 返事をしないと「遅い」などとクレームをつけてくるのです。
 もちろん、大阪弁護士会への相談料などの対価は全く支払っていません。

 

 当然の話ながら、法律相談のメールのみを、自動的に「はねる」ということは不可能で、一々、職員が、「法律相談はこのホームページでは受付けていません」「法律相談は、以下のところに御来所下さい。電話番号は・・・」という返信をしなければなりませんでした。

 

 大阪弁護士会のホームページには、現在は「インターネット法律相談システム」があります。
  https://www.osakaben.or.jp/net-soudan/

 

 若い会員数が増えるとともに、コンピュータの使える弁護士がほとんどになってきたので、インターもっとによる法律相談が可能になりました。

 

 私は、法律相談は相対してでないと、不可能な事案が多いと考えています。

 「Eメールによる相談をしない理由」
 http://www.nishino-law.com/publics/index/40/#page-content

 

 私のホームページにはメールアドレスが記載されていません。
 電話番号とファクシミリ番号のみです。

 

 ご不便をおかけしますが、電話をかけていただくしかありません。

 

 当事務所に来所していただいた方には、メールアドレスの入った名刺をお渡ししています。

 

 私は、マイクロソフトがWindows95を販売する前、MS-DOS4.0時代から、インターネットを利用しています。
 20年以上前のことです。
 年齢の割にはコンピュータの知識はありますが、上記の理由で、ホームページにメールアドレスは記載していません。

西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る